オペ室で働く看護師に求められる技術

看護師に求められる技術は、所属する診療科によって微妙に異なります。
例えばオペ室に勤務する看護師も、オペ室ならではの看護技術を向上させなければなりません。

オペ室での看護師の役割の一つとして、外科医をサポートする仕事があります。
外科手術中にはオペナースが外科医の身近にいて、必要に応じてメスや鉗子などの器具を渡す様子はドラマなどを通じて知っている人も多いでしょう。
このオペナースによる器具渡しの仕事は、見た目以上に高度な看護技術を要するため、専門的なスキルが欠かせません。

外科医が必要とする器具を素早く手渡すためには、次にどのような器具が必要かをオペナース自身があらかじめ予見する必要があります。
そこで看護師は医師と同様に、手術の手順についてある程度理解をしておかなければなりません。
また、外科医から与えられる指示の内容が必ずしも詳細であるとは限らないため、少ない指示の情報を理解して適切な器具を手渡さなければならないのです。

このように外科医と息を合わせてタイミングよく器具渡しができるようになるためには、手術室での勤務経験を積み重ね、地道に看護技術を高めることが不可欠です。
オペナースとして仕事をこなす十分な実力が身に付くと、手術室で貴重な人材として認められ、仕事のやりがいを強く感じることができるでしょう。
また、優秀な人材として職場で実力を認められることにより、得られる収入も安定するメリットがあります。